マーク1 エッセイ 〜Essay〜 マーク2

アロヒナニが日々感じたことを、気楽な感じで書きつづっています。

バックナンバー1(過去のエッセイ No.1〜No.50)はこちら
バックナンバー2(過去のエッセイ No.51〜No.86)はこちら
87. 私は普通の人です 88. 夢実現体質になるために
89. SNSで一喜一憂してしまう人へ 90. 自己価値観を高めると世界が変わる!
91. 言葉で世界を変えよう! 92.自信のなさと謙虚さは違う
93. どんな思いで行動するかが重要 94.ポジティブじゃなきゃいけないわけじゃない!
95. 自己評価と豊かさはイコール 96.

87. 私は普通の人です

「私って〇〇だから」
「俺って〜〜だから」

そんなふうに自分を表現する人がいます。
それってきっと、そう思われたい、そんなふうに人から見られたいんだろうなぁって思います。

世の中には、「自由な人」「小さなことは気にしない人」「ちょっと変わっている人」って思われたい人が多いと思います。
「小さなことを気にしますね」とか「無難な人ですね」と言われて嬉しい人は少ないかもしれない。

私って自由人だから、とか、私って大ざっぱな人間なんですっていうセリフ、聞く機会がちょくちょくあるのですが、
わざわざ自分で言うっていうことは、その人はそういうふうに周りから見られたいんだろうなぁって感じます。

自分が変わり者だと言いたがる人、すごく多いように思うのですが、それってたぶん、人と違うということを感じたい、
そしてそう感じることでコンプレックスをはねのけようとしている場合が多いのではないかなぁ……。

「私って変わっているので」と自ら言う人に、本当に変な人はいません。
真の変人は、自分が変人であることにさえ気づきません。

私の知り合いに、「この人は絶対に宇宙人だ!」と周りの誰もが認めるほど、奇抜な人がいるのですが、その人は
「変わっているね」とみんなが何度言っても、きょとんとしています(笑)。
自分が変わっていると客観的に見ることができるということは、常識があるということだから。

私は自分が変わっているだなんて思いません。だって私は普通の人だから。
変わっているなんて言うほどたいした特徴のある人間じゃありません。

とりたてて、たいした特技もないし、姿かたちも普通だと思うし、常識にそって生きていると思うし、たいしてお金
持ってるわけでも、大成功しているわけでもないし、ずば抜けたセンスを持っているわけでもないし。
どこも変わったところがない、普通の人間です。

昔、憧れの女性ミュージシャンが、ライブで「私は普通の人です」っておっしゃったのが、今でも心に残っています。
たくさんのファンを持つ人なのにそんなふうに言える人って素敵だなぁ〜って。
私は普通の人です。本当に。

(2014年12月28日)

88. 夢実現体質になるために

私は毎年年末になると、必ずやることがあります。
それは、夢実現体質になるために重要です。
「今年叶ったことを書く」「今年実現したことを書く」
決して、「今年叶わなかったこと」ではなく、「叶ったこと」です!!

たとえば、今年私が願っていたことで実現したこと。
「スリランカ旅行」
「八丈島旅行」
「石川県の白山比め神社参拝」
「福島でフラワーエッセンス講座」

他にも小さなことであればまだまだあります。
手帳を見ながら、実際に紙などに書いて確認してみる。

そうすると、「私の願いってこんなに叶ってるんだ!」と確認することができます。
この作業をすると、自分の潜在意識が「自分には夢をかなえる力がある」って認識してくれるので、よりいっそう「夢を
実現することができる体質」になっていきますよ。

また、何かを叶えたいと思った時、人はとかく条件をつけがちです。
「お金が入ったらスタートしよう」「あれがうまくいってからにしよう」「家族が賛成してからにしよう」etc.
せっかくやりたいことがあっても、そんなふうに条件づけて動かずにいることってありませんか?

それって、順番が逆です!
〇〇したら始める、じゃなくて、始めるから状況が整っていくんです。

あるとき、私の友人の一人が家を買うことを決めました。
正直、お金の不安はあったそうですが、どうしても今買っておきたいと決心して行動に移しました。

そして、住みたいと思う素敵な物件に出会い、契約書も交わした直後、想像もしていなかったことが起こりました!
彼女の祖母の遺産が彼女の元に入ってきたのです。
それも、想像を超える金額!!
これで、彼女の家を買ったことへの金銭的な不安がいっきに解決されました。

「決める」 まずはここから。
「決める」→「行動する」→「状況が動いていく」
これが宇宙の法則です。

「決める」をちゃんとやれば、チャンスはどんどんきます。扉が開かれていきます。
たとえ障害があったとしても、びっくりするような解決策が用意されます。

「決めたし動いているのに全然実現しない!」と不満に思っている人もいるかもしれませんね?
もしも全然実現されないときは、「決める」の度合いが足りてない、どこかで自分の決断を疑っていることが考えられます。

「決める」ことに対して大切なのは、「疑わない」。
自分が決めたことをとことん信じること!
これがとっても大切です。

皆さんはもしかして、決めた後に、「これでよかったんだろうか?」って思ったりしていませんか?
信じないで、疑っているとどんどん不安になる、そして不安になることでどんどん心が揺らいでいきます。
「もしかしてダメなんじゃないか・・・」そういう不安が、物事が進むスピードを遅らせてしまいます。

私は「ハワイアンカード」を作りたいと思った時、「作る」と決めました。
そのころ、出してくれる出版社は決まっていませんでした。

「ハワイアンスピリチュアル入門」(2011年に毎日コミュニケーションズより刊行)のときは、出版社さんのほうからの
オファーがあり本を書いたという経緯だったので、自分から動いたわけではありませんでした。
でも、ハワイアンカードの場合は違いました。

出版社も決まっていない。
それなのに、イラストレーターの中根麻利さんに、「イラストを描いてくれませんか?」と頼んでしまいました。
「出す」と決めていたから、イラストをお願いして先に既成事実を作ってしまったようなものです。
もしも出版社が決まらなかったら、自腹で出すくらいのつもりでした。

そのくらい、ハワイアンカードを出すという気持ちに揺らぎがなかった。
結果、出版社も決まり、私の「自分のカードを出す」という夢は実現したわけです。
先日も「決める」→「疑わない」の方式で欲しいものを手に入れました。

あるパーティでプレゼント交換があったときのこと。
私はある人が出すプレゼントがどうしても欲しくて、前日から私の元にそれがやってくると信じることにしました。

参加者があみだくじに名前を書いたわけなのですが、そのとき、「絶対にあの人のが私のところに!」と思いながらあみだ
の紙を見ると、1か所だけ光って見えました。
そこに名前を書いたところ、無事に、私のもとに欲しかったものがやってきたのです!

こんなふうに、「決める」「疑わない」「信じて行動する」ということのパワーは私自身が体験済みなので、みなさまにも
ぜひ取り入れていただけたらと思います。

ここで一度まとめます。
「決める」「疑わない」「信じて行動する」がとても重要です。
「疑わない」「信じて行動する」を上手にやる方法ですが、レストランにいるところを想像してください。

レストランでは、食べたいものをウェイトレスさんに注文しますよね?
「ハンバーグとウーロン茶をください」と注文したとします。
そのとき、あなたはその注文したものが出てくることを疑いますか?

「ハンバーグが出てくるかしら?」
「私の元にウーロン茶が出てくるかしら?」

そんなふうに疑ったり不安に思ったりしますか?
疑ったりしませんよね?
「注文したものは当然出てくる」と思っているはずです。

その「当然出てくる」という感じが願望実現にはぴったりなんです!
あなたが何かを目標にしたとき、夢をいだいたとき、宇宙にオーダーしてください。

「年収1000万円欲しい」
「あの会社に就職したい」
「素敵な恋人が欲しい」

そして、宇宙というお店に注文したから、当然自分のテーブルまで運ばれてくる、と思っていればいいのです。
「当然」と思っているエネルギーには疑いがないですし、ちょうどいい具合に力が抜けているのがまたいいです。

「絶対に!」とがむしゃらになっていると力が入りすぎてしまって、よろしくないですよ。
これからは、なんでも「当然手に入る」と思っていた方がいいですよ!

そして、注文はなるべく具体的に!
「お肉の塊みたいなもの」ではなく、「ハンバーグ、デミグラスソースで」という具合です。
注文は明確に伝えないと、用意するほうも困ってしまいますからね!

(2014年12月28日)

89. SNSで一喜一憂してしまう人へ

SNSをやっていると人の楽しそうな日記が目に飛び込んできます。
華やかな毎日だな、あの人は成功しているなぁ、そんなふうに思えるような内容のものが多かったりしますよね。
特に、講座を主催している立場だと、人の講座にたくさん人が集まっていると「すごい!どうやってあんなに集客できるん
だろう!?」とうらやましく思ってしまったり。

自分が地味な毎日を過ごしていると、「パーティに呼ばれました」とか「海外旅行に来てます」と豪華なホテルに泊まってる
写真とかを目にすると、「私って地味だわぁ・・・」なんて思ってしまうことも。
そこで、「私も頑張ろう!」と思える人はいいですけれど、「それに比べて私は・・・」と人と比較して落ち込んでしまう
人もいるでしょう。

私もときどき、「活躍してますね!」「華やかですね!」と言われることがあります。
そう言われるたびに驚いてしまいます。
だって、全然華やな毎日なんかじゃないと思うから!

基本的に私は、ブログやSNSには、愚痴やネガティブなことは書かないと決めています。
家族が亡くなったときも、体調を崩して入院したときも、一切そのことには触れずに元気なふりをして投稿していました。

何も知らない人から見れば「いつも楽しいことばかりのアロヒナニさん」というふうに見えるかもしれません。
楽しい事ばかり載せているからといって、楽しい事ばかりの人生、ではないんです。

だから、人の投稿や見た目だけを見てうらやましがることには何の意味もない、と思います。
SNSに載せていることがすべてじゃないから、華やかそうに見える人が実は苦労していたりするから、比較して落ち込むの
は時間の無駄!

たくさん集客できている講座風景の写真を見て、その主催者に会った時に「この前すごい人数だったね!」と言ったら、
「人が集まらなくて、半分以上は招待客だよ」なんてカラクリを聞くこともあります。

SNSに夫婦の仲良し写真をいつも載せている友人から、「実はうまくいってなくて離婚するの」なんて告白を聞いたり・・・。
豪華なお食事をしている写真を見て、羽振りがいいな〜と思っていたら、実はモニターのバイトを頼まれてタダで食べていた
なんていう裏話を聞いたこともあります。

今日も忙しい、今週はずっと忙しい、仕事の依頼がたくさんきています!なんていうことを書いて「活躍していますアピール」
をしている人は、もしかしたらそれだけ必死なのかもしれません。
十分に活躍していたら、わざわざそんなふうにアピールしなくてもいいのですから。

また、フェイスブックをやっていると、つい「いいね」の数などが気になると言う人もいるでしょう。
でも、大活躍している私の知り合いで、フェイスブックでは「いいね」の数も少なく、コメントはほとんどなし、
でもすごい集客力を持っている!という人もいます。

ですから、当たり前の話ですけれども、SNSがすべてじゃない。
SNSをやっていると、どうしてもその中の世界が自分の生活の中で比重が大きくなっていってしまう。
SNSの中でだけ有名人、みたいな人も見かけます。でも・・・世界が狭すぎる!と私は思います。

私の周囲にはSNSをやっていない人も多いです。
逆に私の著名な友人は一切SNSなんてやってなかったり。(忙しいですからね)

ちょっとした楽しみ程度にSNSをやるのはいいと思いますし、私もSNSを通してたくさんの人脈をいただいたので、毎日
楽しくやらせてもらっています。
ただ、SNSの人の書き込みを全部真実だとは思っていません。

人の書き込みに一喜一憂してしまう人がいたとしたら、SNSからしばらく距離を取ってみることをお勧めします。
私も以前よりはSNSを使う時間を減らしています。自分のことに集中したいからです。
人に左右されない、という人はいいと思いますけれど、そうじゃない人は、あまり他人に関する情報を目にしないほうが
いいかもしれません。

人と比べないこと! これは幸せになるためにはとても必要なことだと思います。
他人を見るのではなくて、自分を見る!
このSNS時代に、人の情報に左右されずに自分を貫ける強さを身につけたいですね。

(2015年6月2日)

90. 自己価値観を高めると世界が変わる!

講師業やセラピスト業、お店やサロンの経営などをしている人にとって、集客は常に悩みの種だったりする。
お客様がたくさん来てくれるときもあれば、思うように来てくれないときもある。
張り切ってブログやHPやSNSで宣伝してるのに人が来てくれないなんていうことは誰にでも経験があるはず。

そんなとき、悩み方は人それぞれ。
「告知の文章が魅力的じゃなかったのかも!」
「日程の設定が悪かったのかしら?」
「場所がよくないのかも……。もっと便利な場所でやったほうがいいのかな……」
「宣伝が人の目に届かなかったかもしれないから次回は広告を出さなくちゃ!」
「私にはたくさんの人を呼び込める器がないのかも……」

とかく人は外に原因を見出しがち。
あれがダメなのかも、これがダメなのかも、といろいろ考えてはお金も時間も使ってみる。
告知の文章を魅力的に書けるようにプロに指導してもらったり、コンサルの先生を探してメルマガやHPなどを作ったり。
大変な労力をかけて、努力している人たちも多い。

確かにそのような努力も大切だし、それなりに成果も上がるでしょう。
でも、外に目を向ける前に、まずは自分の内側を見るべきだと思う。

「労力の割にお金にならない」という仕事が続いたことがありました。
楽しかったけど赤字……、という仕事のときは、「それでもやることに意味があった」と自分に言い聞かせたり。

そんなある日、はっと気づきました。
「自己価値観が低いからだ!」と。

つまり、私は自分自身の価値を自分で認めていなかったのです。
「私の価値なんて大したことない」って思っていた。

潜在意識はとっても素直ですから、自分で「自分の価値は低い」と思っていたら、当然のように、「低い価値の人にはこの
程度の仕事でいいですよね」っていう仕事を用意してくれちゃうわけです。

「もっと労力に見合った仕事が欲しい!」「たくさんの黒字になるお仕事をしたい!」といくら思っても、自己価値観が低い
わけですから、潜在意識としては「だってあなた、自分なんて価値低いって思ってるでしょ? そんなあなたがその低い価値
を上回るお金を受け取れますか?」と言いたいですよね。

私は自己価値が低いことで、満足いかない状況を引き寄せていたことを悟り、「自己評価を上げる!」と決めました。
すると、その次の日に、私が連載をしている媒体の担当者からメールがきました。

そこにはこう書いてありました。
「弊社では読者プレゼントに応募頂く際に応募される皆様にいろいろな質問をさせていただいているのですが、『読んだな
かで好きな記事は?』という質問に対して、アロヒナニさまの前回記事が多くの読者様から支持をされておりましたのでお伝え
させて頂きます。ぜひ次回も素敵な記事の作成を楽しみにお待ちしております」

「自分には価値がある!」と決めた途端にこのメールです。
本当に、外の世界は自分の内側が作っているんだなと実感しました。
そして、自分の意識が変わったので、それからは、いただける仕事も変わってきました。

だから、なかなか集客ができなくて悩んでいる人や、もっと活躍したいのになかなかうまくいかないと悩んでいる人には、
まずは、自分が持つ「自己価値感」を確認してみることをお勧めします。
もし低いなと感じたら、上げていきましょう。
絶対に世界が変わりますから!

(2015年6月12日)

91. 言葉で世界を変えよう!

今日はハワイの教えについて書きたいと思います。
古代ハワイから伝わっている英知を、西洋人たちが自分たちにもわかりやすい方法や言葉にしてまとめたものを
「フナ」と名付けて広めました。
もともと「フナ」という哲学があったわけではなく、あくまでも、西洋人たちが「フナ」と名付けて広めたのです。

ハワイでは本来、「フナ」という言葉は、「隠された」という意味の言葉にすぎません。
このあたりは、間違って解釈している人が多いため、私は著書の「ハワイアンスピリチュアル入門」でも説明しています。
今広まっている「フナの教え」の中で、以下の原則があります。

IKE  世界はあなたの思う通りになっている
つまり、あなたが思った通りのことが現実化しているということですね。
そんなはずない!こんな現実を望んだわけじゃない!!と思う人もいるでしょう。
でも、そんなとき、自分の思いぐせ、普段発言している口癖などを改めて見直してみてください。

私の生徒さんで、いつもこんなことを言う人がいます。
「私はあんまり集客ができないから・・・」

この発言、問題ですよ! なぜかわかりますか?
つまり、”自分は集客できない”って決めてしまっていますから、それじゃあお客さん来ないです!
潜在意識は素直ですから、自分が思っていることをきっちり実現してくれちゃいます!

「セラピストの仕事だけじゃ食べられないと思うから、OLやりながらセラピスト業をやります」
こんなセリフもよく生徒さんから聞きます。
あら・・・、セラピスト業だけじゃ食べられない、って宣言しちゃっていますよ!!
つまり、OLをやりながらじゃないとセラピスト業ができないっていう現実をせっせと自分で作ってるわけです。

私の著作「ハワイアンカード」に「Mele」というカードがあります。
このカードは、言葉で現実が変わる、というカードです。
自分の現状を変えたかったら、まずは、普段使っている言葉から変えてみませんか?

世界はあなたが思う通りになっているわけですから、まずは言葉を変えてみる。
言葉を変えていれば、心も変わってきます。
そうすれば、現実もどんどん変わってくるはずです!

普段どんな口癖があるか、どんなことを言いがちか、考えてみてください。
自分で気づけない時は、人に聞いてみてもいいですね。
「私って普段どんなことをよく言っている?」ってぜひ周りの人に聞いてみてください。
「そういえばあなたって、ツイてないなぁってよく言っているわよ!」とか、「困ったなぁってしょっちゅう言ってるわよ」なんて、
自分で気づいていないことを教えてくれるかもしれませんよ!

よくない口癖を見つけたら、自分の望む現実を作るための言葉に変えていきましょう!

「私ってラッキーなの!」
「私はお金に困らない人生なの!」
「いつもみんなが私を応援して助けてくれるから安心していられるわ!」
「毎日絶好調よ!」

そんなふうに、決めてしまえばいいのです!

どんな良い言葉を使いましょう!?
ワクワクしながら探しましょう!!

(2015年8月6日)

92. 自信のなさと謙虚さは違う

ここ数年、カード・セラピストやフラワーエッセンス・アドヴァイザーを育てる講座をやらせていただいていますが、
そんな中、「私なんてまだまだ……」という想いでい続ける生徒さんを見かけます。

もちろん、学び始めの頃や、学び途中の段階にそういう想いでいるのは構いません。
でも、ある程度学んできていて、セラピストとしてそろそろスタートさせるというときや、すでに活動を始めている段階
なのに、「私はまだ十分な実力がない」という想いでいるのはよくありません。

「セラピストとして自信がない」なんていう想いでいるのは、お金を払ってくださるお客様に申し訳がないですよ。
お客様のほうも、「だったらもっと自信があって、私の悩みを解決してくれそうな他のセラピストさんのところにいきます!」
と言いたくなってしまいますよ。

想像してみてください。
商店街にケーキを買いに行ったとします。
そこには2つのケーキが置いてあって、それぞれ以下の説明が書いてあります。

@「最高に美味しいケーキ! 当店自慢の逸品です!」
A「それほど美味しくないかもしれませんが、食べてみてください」

あなたはどちらのケーキを買いますか?
たいていの人が@を選ぶのではないでしょうか?

自信のなさと謙虚さは違います。
自信はあるけど、その力を誇示しない、自慢しない。
自分の力を信頼しているけれど、奢らず、そこに安住しないで勉強し続ける、努力を忘れない、そして感謝の気持ちを
決して忘れない、それが謙虚さだと思うのです。

だから、セラピストを目指して勉強し、セラピストとして活動していこうと決めたとしたら、自信を持ってやってほしい。
逆に、自信がないなら、その自信のなさがどこからくるのか内省して、自信を持てるようになるよう自分で工夫してほしい。

自信はあるけど謙虚さは忘れない、私自身はそういうセラピストであり続けたいと思っています。

(2015年9月1日)

93. どんな思いで行動するかが重要

何かをしようとするとき、どんな思いでやるのかというのはすごく大事だと思う。
不安や焦りの気持ちから行動すると、良い結果にはならない。
自分が目立ちたいとか成功したいとか、エゴの気持ちで動いたものは、やっぱり良い結果にはならない。

なぜならば、”出したものが受け取るもの”だから。
言葉も行動もエネルギーも、すべてブーメランになって返ってくる。

だから、仕事がうまくいかなくて、どうしよう?って困っているとき。
いろんな方法を探って、必死になって動いてしまう。
でも、焦りの気持ちのまま動いてもダメ。
必死になって、不安な思いのまま動いてもダメ。

必死になればなるほど空回りして、「どうしてこんなに頑張ってるのにうまくいかないの?」って余計に必死になって
しまう。
”出したものが受け取るもの”の法則から見ると答えは簡単。
必死のエネルギーで動けば、その必死さが自分に返ってくるわけです。

だから、何をするにも、”これをやることは幸せだわ”という思いでやったほうがいい。
たとえ、困った事態にいたとしても、「これをやることで、その困った事態は良い方向に行く」という信念のもと、
穏やかなエネルギーで計画し、行動したほうがいい。

何かをするときは、「これをやることで私は幸せ、そしてみんなも幸せ」そんな思いで動くことを心がけていきたいですね。

(2015年9月22日)

94. ポジティブじゃなきゃいけないわけじゃない!

芸人ヒロシさんの「毎日ネガティブ」という日めくりカレンダーが大ヒットしているそうです。
あるテレビ番組で一部を紹介していたのですが、笑えるとともに納得でした!

たとえば、こんな感じ。
「あなたのためを思って・・・・って自分のためでしょう?」
「ほら・・・高望みするから・・・」
「久しぶりの友達からの電話は疑え!」
なるほど!(笑)
なかなか良いこと言いますね!(笑)

そして、このテレビ番組で、あなたはポジティブ、ネガティブ、どっち?というアンケートをオンラインで集計しました。
2万人近くが参加したこの統計で、どちらが多かったと思いますか?
なんと、ネガティブのほうがポジティブの約2倍でした!
司会の方も、自分はネガティブなほうです、とおっしゃいました。

もちろん、なんでもネガティブにばかり考えて、人に迷惑をかけたり、自虐的すぎる人生を歩むのはどうかと思います。
でも、毎日ポジティブじゃなきゃいけない、というわけじゃないですよね!
私は、ポジティブじゃなけないけないっていうのもストレスなんじゃないかと思います。

毎日、ずっとポジティブですっていうのも無理がある気がするんです。
人間誰でも落ち込むときもあるし、ポジティブになれない時期もあります。
だから、無理にポジティブになる必要もない。

ときどき、SNSを見ていると、「毎日ハッピーです!」と張り切っている書き込みを見ることがあります。
周りの人の中にも、何かマイナスが出来事があったときに、無理にポジティブなとらえ方にもっていく人を見ること
もあります。
もちろん、それが自然なんだっていうのならいいと思いますが、どこかで無理しているんじゃないかと感じてしまう
ことも多いです。

生きていれば、アンラッキーな出来事もあります。
人間だから失敗しちゃうこともあります。
それを無理に、ポジティブな思いに置き換える必要はないと思います。

意味のある1日じゃないとダメだと思っていませんか?
何も予定もなく、だらだらと過ごす1日があってもいい。
とりたててラッキーなことがない日でもいいんです!

ヒロシさんはこうおっしゃっています。
「無理してほかの誰かのようにならなくてもいいのです。自分を偽ってまでポジティブになろうとしたり頑張ったり
しなくてもいいとですよ」
もしもポジティブじゃなきゃいけないと思っていたら、今すぐやめませんか?
そのほうがきっと楽になれますよ!

(2015年10月28日)

95. 自己評価と豊かさはイコール

以前にもこのエッセイのページで自己価値観を上げると世界が変わるということを書きました
今回は、自己評価という言葉で書いていきます。
(自己肯定感という表現もできるし、自尊心でもいいのですが)

自己評価が低いと、いろんな不都合なことが起こります。
たとえば、会社で上司が「まだ残業してるのか?」と声をかけてきたとします。
A子さん(自己評価が高い)は特に何も感じないか、もしくは「上司が気にかけてくれた」と感じたりします。
B子さん(自己評価が低い)は、「私が残業していることを上司は迷惑に思っているのかも」と心配になったり、
「私の仕事が遅いから残業になっていると思われているのかも」と落ち込んだりします。

つまり、同じ状況で同じセリフを同じ人物から言われたとしても、受け取り手によって解釈がまったく違ってきます。
それは、自己評価がかなり大きく影響しているんです。

自分に自信がない人は、人の態度を気にして一喜一憂してしまいます。
自分に自信のある人は、人の態度に左右されません。

もちろん、謙虚さは必要です。
でも、謙虚さって、自分を卑下することとは違いますので、間違いないようにしないといけません。
私が思う謙虚さって言うのは「感謝の気持ちを忘れないこと」だと思います。

自分に自信を持つ、自己評価を高くしておくことは人生を幸せに生きていくためには必要不可欠!
そのためには、自分の良いところを自分で認めてあげること!
紙に思いつくままに自分の良いところをリストアップしてみたり、友人たちに「私の良いところを教えて!」
と頼んでみてもいいですね。
SNSをやっている人は、「私の良いところをコメント欄に書いてください!」と頼んでみてもいいと思います。

自己評価を高めると、よりレベルアップした仕事や人脈を引き寄せることができます。
自己評価が低いと、「受け取れない自分」になってしまうのです。
だって、「自分なんて…」と思っているわけですから、そんな人間が何かを受け取るっていうことは難しいです。

人からの親切、誰かからのギフトも当然受け取れません。
受け取るにしても、自分で自分を評価している分しか受け取れません。
たとえば、自分が自分を10点と評価していたら、人から20点のものを差し出されても受け取れないのです。

私なんてたいして能力もないしと、月に10万円のお給料で満足している人が、いきなり月100万円をあげるから
うちで働いてくださいと言われたら・・・??
100万円もらえる、やったー!と思えるでしょうか?
きっと居心地が悪くなり、100万円もらえることに恐れまで感じてくるでしょう。

だから、もしあなたがもっとお金が欲しいのに、なかなかお金が手に入らない、と思っていたとしたら、まずは
自己評価をあげなくてはだめなのです。
自分は100万円の価値があると思っていれば、100万円までのお金なら恐れなしに受け取ることができます。
ただ、それが200万円となると、また居心地が悪くなってしまいます。

だから、豊かさを受け取るためには、受け取れる器をまずは作らなくてはいけない。
「そのために必要なのが、まずは自己評価を上げることなのです。

「出したものが受け取るもの」というのが宇宙の法則です。
「私は素晴らしい価値のある人間です!」というエネルギーを出していれば、そのエネルギーに見合った豊かさ
(お金だけじゃなくて)が手に入ります。

今もしお金がなくて困っていたら、あなたが出しているエネルギーを見直してみましょう。
「私なんて価値がない」というエネルギーを出していませんか?
たくさん受け取りたかったら、豊かなエネルギーを受け取れる自分でいることです!
そのためには、自分が自分を認めているかどうか、自己評価を見直すといいですよ。
(2016年12月6日)
このページの先頭へ